アプリのとっかかり

いろんなおすすめのフリーソフトなんかのインストールや使い方など、初心者むけの最初のとっかかりの情報を!

MyDefragの簡単な使い方

デフラグ MyDefrag 2010.05.01

アプリのとっかかり 高速で安全なデフラグソフト MyDefrag

アプリのとっかかり 高速で安全なデフラグソフト MyDefrag -インストール編-

今回は簡単な使い方です。

MyDefragはどのようにデフラグするかをという手順を詳細に書いたスクリプト(手順書みたいなもの)を使ってデフラグしています。スクリプトの書き方を覚える必要はありません。あらかじめ用意されたスクリプトを選択し、デフラグしたいドライブを選択して「実行」ボタンを押すだけの簡単な操作です。

MyDefragは管理者権限で実行する必要があります。Windows 7/VistaではMyDefragを起動するとUACが反応して実行するかどうか聞いてきます。実行すると以下のような画面が出ます。

左のボックスにはあらかじめ登録されたスクリプトが並んでいます。その下のボックスにはこのマシンのドライブが並んでいます。

0022_19

手順としては以下の様になります。

  1. スクリプトリストでどのような解析・デフラグを行うかを選択
  2. ドライブリストでどのドライブを解析・デフラグするか選択
  3. 「実行」ボタンを押す。実行するとこのページの「実際の動作と画面説明」 のところの画像の様なウィンドウが表示され処理が始まります。
  4. 「一時停止中」状態になったら完了しています

途中で止めたい場合はそのまま[×]ボタンを押してウィンドウを閉じます。デフラグ実行中でも問題無いです。ちょっと不安ですが、このソフトはそうゆう停止の仕方です。

あまり複雑な事考えたくない場合は気が向いたら「Optimize Daily」を選択して「C:」ドライブにチェックを入れて「実行」だけでも効果はあります

もう少し効果的に行いたい場合は以下を読んで下さい。

スクリプトの選択

各スクリプトの説明

スクリプト 内容
Analyze only 解析のみを行います

Consolidate Free Space

デフラグしてディスクの先頭部分へ移動させ、空きスペースを作ります。ファイルの並び替えは行いません。
Defragment Only デフラグだけを行います。
Flash memory disks フラッシュメモリやSSDに適した最適化を行います。
Optimize Daily 高速デフラグと最適化を行います。最適化しすぎないようになっています。例えば大きいファイルはしません。
Optimize Weekly Optimaize Daylyよりもう少しデフラグと最適化を行います。
Optimize Monthly 徹底的にデフラグと最適化を行います。

効果的な使い方は毎日「Optimize Daily」を行って、週1で「Optimize Weekly」、月1で「Optimize Monthly」を行います。個人的にはとりあえず気が向いたらDailyで、あとは月1ぐらいでMonthlyを夜寝る前に実行してほったらかしにするぐらいでも良いと思います。HDDの容量がテラバイト級でファイル数が多い場合はMonthlyを行うと数時間かかる(PCの処理能力によります)ので注意して下さい。

「Analyze only」は解析のみを行います。デフラグは行いません。HDDの容量が多くてフラグメントが進んでいると非常に時間がかかるため、とりあえず解析のみでフラグメントが進んでいないか様子を見て、デフラグするかどうか判断するためにあります。

ドライブがSSDの場合は通常のスクリプトではドライブの寿命を縮めるため、「Flash memory disks」を使うのがよいと言う事なのですが、筆者はこれを使っていないので効果のほどはわからないです。SSDのデフラグに関しては諸説ありどれが効果的か何とも言えないのが正直なところだと思います。

 

ドライブの選択

基本的によく使うドライブ(フラグメントしやすいドライブ)を選択します。Windows 7でBitLockerをインストールしている場合見慣れたA:, C:以外に「\\Volume{・・・」といったドライブがあります。ラベルに「システムで予約済み」と書かれているドライブです。これはBitLockerというドライブ暗号化機能が使う領域で、暗号化を使用していなければこの領域はデフラグする必要はありません。

複数選択すると同時ではなく順番にデフラグされます。

 

実行中の画面の説明

以下は実際にデフラグを行っているところです。メニューのすぐ下に処理の状況メッセージが出ます。状況メッセージが「一時停止中」と出ていれば処理が完了していますので注意です。真ん中の黒黄青赤緑の領域がディスク上のデータの配置の状況を示しています。

0022_24

いろいろな色が並んでいますがおおざっぱには以下のように覚えてけばいいと思います。

おおざっぱな内容
ディスク上にデータのない領域
黄系フラグメントファイル
青系フラグメントしていない問題無いファイル
赤系移動できないファイル
緑系処理済みファイル

乱暴に言えば解析した時に黄色が多い場合はデフラグした方がいいです。

詳細は以下のページを参照して下さい。

FAQ Using - What are the colors on the diskmap?

 

簡単な操作説明は以上です。基本的には以上の事を覚えておけば十分だと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

はてなブックマークコメント

コメント

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)