アプリのとっかかり

いろんなおすすめのフリーソフトなんかのインストールや使い方など、初心者むけの最初のとっかかりの情報を!

MyDefragと標準のデフラグを比較してみた

デフラグ MyDefrag 2010.05.08

MyDefragでデフラグした場合とWindows標準のデフラグでデフラグした場合と、どの程度違うのか比較してみました。

比較は同じファイルの配置となるようにVMwareという仮想マシンでスナップショットをとり、同条件になるようにしました。

 

元の状態

0022_27

Windowsのインストール&アップデート直後ですがそれなりに断片化している黄色い部分があります。それに結構黒く抜けている部分が目立ちます。

Windows標準のデフラグ

0022_28

通常Windows7のデフラグは自動化されていますのでこの画面をお目にかかる事はあまりないのですが、上記の状態で3%断片化していると分析されていますね。この状態から強制的に「ディスクの最適化」を実行します。

 

Windows標準のデフラグでデフラグした場合

デフラグ時間:約22分

0022_29

デフラグ前と比べてそれなりに黒く抜けている部分が消えある程度は最適化されているようですが、肝心の黄色い部分が残っています。途中であきらめたような感じです。

 

MyDefragのDailyでデフラグした場合

0022_30

デフラグ時間:約14分

黄色い部分が消えかなり整列されています。処理時間もWindows標準のデフラグに比べてかなり短縮されています。

 

MyDefragのWeeklyでデフラグした場合

0022_31

デフラグ時間:約17分

Dailyと比べて更に整列されている感じですが時間は多少かかっています。それでもWindows標準のデフラグよりも時間はかかっていません。

 

MyDefragのMonthlyでデフラグした場合

0022_32

デフラグ時間:35分

Monthlyでデフラグした場合は赤くファイルがロックされた部分と多少断片化している黄色い部分が出ています。なんらか途中でファイルがロックされ処理が上手く進まなかったのではないかと考えます。それでもファイルはだいぶん整理されています。ただ標準のデフラグと比べて時間はかなりかかっています。

 

MyDefragの作者は「Optimaize Daily」を1日1回、「Optimaize Weekly」を週1回、「Optimaize Monthly」を月1回することを薦めていますが、個人的にはめんどくさければDailyだけでも十分効果はあると思います。タスクに追加して自動化する方法もありますので処理時間の短いDailyだけ自動化しておくのも手です。

とりあえず標準のデフラグと比べて早く、デフラグもきっちりやってくれる事がわかります。機能的には他のデフラグソフトに劣るかもしれませんがこの程度デフラグしてくれれば十分ですし、やはり標準のAPIを使っていると言うところが安心です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

はてなブックマークコメント

コメント

いつもブログを見るのを楽しみにしています。これからも楽しく読ませて頂きますね!

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)