アプリのとっかかり

いろんなおすすめのフリーソフトなんかのインストールや使い方など、初心者むけの最初のとっかかりの情報を!

PDFでコラボレーション!注釈機能が使える! PDF-XChange Viewer -設定・注釈機能の使い方編-

PDF PDF-XChangeViewer 2010.06.06

今回は設定・注釈機能の使い方編です。

0029_04

 

この ソフトはヘルプ以外のメニューやダイアログメッセージなどはほぼ日本語化されており、基本的にはビューアなのでAdobe Readerと使い方はあまり変わりません。

このソフトの一番の使いどころは注釈機能ですのでそこの所を重点的に説明します。

注釈機能が使えるとほぼ万人に見てもらえるPDFというフォーマットを使いながら、印刷イメージそのままの表示品質のドキュメントを複数人で添削する事が出来るようになるのです。

特に、デザイナー関係など、添削・評価する側がPhotoshopなど表示・編集するソフトを持ち合わせていない場合などでその力を発揮します。

実はPDFは注釈機能が使えると非常に強力なコラボレーションツールになるのです。

設定

さて使い方の説明の前にちょっと設定した方がいいところを説明します。基本的にこのソフトはデフォルトのままでの良いのですが2点だけなるべく設定した方がいいところがあります。識別情報とJavaScriptの設定です。

コメントや図には誰が書いたのかすぐに分るように作者名が出るようになっています。複数人で書き込んでいると誰が書いたのか分らなくなりますのでここは誰か分るように最低限ニックネームでも入れておいた方がいいです。

メニューの「編集」→「環境設定」より以下のダイアログが表示されますので、そこの1.「識別情報」をクリック。2.「ログイン名」を入力しましょう。通常はOSのユーザー名が使用されるようです。

0029_01

 

そして同じダイアログの1.「JavaScript」をクリックし、2.「JavaScriptの実行を許可する」のチェックを外しておきましょう。閲覧だけならPDFでJavaScriptが使用されている事はほとんどありません。

0029_02

 

注釈機能の使い方

そもそもPDFはISOの標準仕様であり、その中で注釈機能として仕様が決められています。ですのでこの仕様に対応しているソフトであれば注釈を見たり書いたりする事が可能です。ほとんどのフリーのPDFビューアはこの注釈を見る事は出来るのですが、実は書けるソフトは少ないのです(有料のものでもイマイチのものが多いです)。PDF-XChange Viewerではフリーソフトなのにその注釈を書く事が出来るようになっています。しかもかなり高機能で安定しています。

0029_04

 

注釈だけを一括で非表示にする事もできますし、非表示で印刷する事も出来ます。PDFの注釈機能は共通の仕様ですので、当然PDF-XChange Viewerで書き込んだ注釈をAdobe Readerでも見る事が出来ます。ですので気兼ねなく原稿の上にコメントや図をビシバシ書き込む事が出来ます。

以下はAdobe Readerで表示した画面です。

0029_15

 

コメントツール

コメントツールを選んでドキュメント上でクリックするとコメント入力ウィンドウが開きコメントが入力できます。あまりドキュメントの邪魔をせずに書き込む事が出来ます。ウィンドウにユーザー名も表示されますので誰がコメントしたのかすぐにわかります。

0029_05

日本語入力で2点注意する事があります。1つめはこのソフトは日本語でインライン入力が出来ないためリターンで日本語入力を確定するまでテキストボックスには文字は書き込まれません。2つめはフォントの問題です。デフォルトでは日本語以外のフォントになっていますので日本語を入力しても変なフォントになり、文字が上手く表示されない場合があると思います。日本語を入力したあとで、その都度テキストボックスのテキストをすべて選択し、ツールバーのフォントの設定を「MS Pゴシック」等のよく使われている日本語のフォントに変更しておきましょう。これで相手にも上手く表示されます。下記のタイプライターツールなどでも同様です。

 

タイプライターツール、テキストボックスツール、吹き出しツール

コメントツールとよく似ていますがドキュメント上に直接書く事が出来ます。フォントや基本的な装飾なども出来ますので、ここにこんな風に書けと具体的に指示できます。

0029_10

 

テキストの強調・打ち消し・下線ツール

PDFドキュメントに書かれているテキストを直接範囲指定して強調・打ち消し・下線を書き込む事が出来ます。校正に便利です。

0029_07

 

矢印・直線・四角形等々の図形描画ツール

あまり凝った図は書けませんが注釈に必要な程度の図は書き込む事が出来ます。下図の1のツールです。

 

鉛筆ツール、消しゴムツール

自由線を書き込んだり消したり出来ます。手書きで図をささっと書きたい時に便利です。下図の2のツールです。

0029_06

 

スタンプツール

「DRAFT」等のよくあるスタンプを貼る事が出来ます。スタンプパレットに画像を追加する事で好きな画像を貼る事も出来ます。以外と知られていない機能です。

0029_08

スタンプパレットはメニューの「ツール」→「コメントとマークアップツール」→「スタンプパレットの表示」で出せます。

0029_09

画像を追加するには1.「新規作成」で2.「新しいコレクション」を作成し、3.「画像ファイルから」画像を選択します。

 

色や線の太さ等の変更は図形を選択した時にその図形に対応した以下の1.のようなツールバーが出るようになっていますので、すぐに分ると思います。ツールバーを出さないようにしている場合は図形を右クリックして「プロパティ」を選択、開いたダイアログの右側の「外観」を選択するとその図形の色や線の太さ、スタイルなどを変更する事が出来ます。

0029_11

 

線の色はデフォルトでは赤なのですが「自分は黄色の方がいい」と言う人はデフォルト設定を変更できます。メニューの「コメント」→「コメントのスタイルパレットを表示」でコメントや図形のデフォルトのスタイルを変更できます。

0029_13

 

コメントの表示・非表示

コメントの表示・非表示はメニューの「コメント」→「コメントの表示」→「すべてのコメントを非表示」もしくは「すべてのコメントの表示」で切り替える事が出来ます。よく使う場合はショートカットキーを覚えておくと良いでしょう。

  • すべてのコメントを非表示 [Ctrl+Shift+8]
  • すべてのコメントを表示 [Ctrl+8]

このショートカットキーはAdobe Readerと同じになっています。

0029_14

 

大体、以上の事をさらっと分っておけばこのツールは極めたも同然です。どんどんPDFでコラボレーションしましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

はてなブックマークコメント

コメント

変なマークはつかないか
こんにちは
以前ちょっとだけPDF-XChange Viewerを使いました。このサイトは評判がよくDLが多いそうですが、変なスタンプマークがつくので使用をやめてしまいました。
こんな感じです。
http://gyazo.com/3105b2bc0492324fdb3a599d51007a0a

今でもこのようなマークがつくのでしょうか。

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)