アプリのとっかかり

いろんなおすすめのフリーソフトなんかのインストールや使い方など、初心者むけの最初のとっかかりの情報を!

いろんなソフトで使われているJava(JRE)のインストール

その他 Java JRE 2010.04.09

 0007_00 Javaはいろんなソフトで使われています。Javaは単体で何か出来るというわけではないのですが、Java上で動くソフトを使うためにはJava(JRE)を事前にインストールしておく必要があります。今回はこのJavaをインストールしてみましょう。

動作環境

  • Windows 7
  • Vista
  • Windows XP/2000
  • Windows Server 2008
  • Windows Server 2003

この記事のインストール環境は以下の環境を使っています。

  • OS:Windows 7 64bit
  • Java(JRE):Java Recommended Version 6 Update 19

インストール

まずは以下のJavaダウンロードサイトからJavaをダウンロードします。

無料 Java ソフトウェアをダウンロード - Sun Microsystems

「無料Javaのダウンロード」をクリック。

0007_01

 

同じようなページの「無料Javaダウンロード」をクリック。32ビットJavaと書いていますがWindows 7 64bitでも動作します。

0007_02

 

「実行」をクリック、もしくは「保存」をクリックしたあとで「実行」をクリック。

0007_03

 

Javaのセットアッププログラムが起動しますので「インストール」ボタンをクリック。

0007_04

 

Googleツールバーも一緒にインストールするか聞いてきますので必要なければチェックを外して「次」をクリック。

 

0007_05

 

インストールが実行されるので処理が終わるまで待ちます。すぐ終わります。

0007_06

 

完了メッセージが出れば終わりです。「閉じる」をクリックして完了します。

0007_07

 

一応インストールされたか確認

インストールは上記の項目で終わりなのですが何がどう変わったのかさっぱりわからないと思いますが、ちゃんとインストールされているはずです。インストールされたかどうか確認してみましょう。

画面左下の「スタートメニュー」から「コントロールパネル」をクリック。

0007_08

 

「プログラム」をクリック。

0007_09

 

ちゃんとインストールされていればJavaの項目ができあがっていると思います。「Java」をクリックすると。

0007_10

 

Javaのコントロールパネルが開きます。ここでJavaの基本設定を行えるのですが普通は気にしなくても良いです。

0007_11

なんの変哲もないのですがJavaを使ったソフトはこれがインストールされていないと動かす事が出来ません。使いたいソフトが出てきた時に一緒に入れても良いのですが事前に入れておくとあとが楽です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

はてなブックマークコメント

コメント

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)